1. TOP
  2. 節約
  3. MVNOスマホ
  4. OCNモバイルoneで節約。利用料金などまとめ。

OCNモバイルoneで節約。利用料金などまとめ。

 2015/02/05 MVNOスマホ 節約
この記事は約 6 分で読めます。 1,905 Views

MVNO事業者の一つにOCNがあります。OCNの提供するサービスはOCN モバイル ONE です。

利用料金などについてまとめています。

OCNモバイルoneの利用料

データ通信専用SIM

150Mbpsコース

使用可能容量 値段
70MB/日 900円(972円)
100MB/日 1,380円(1,490円)
2GB/月 1,100円(1,188円)
4GB/月 1,450円(1,566円)

2GBと4GBが月単位での容量。70MBと100MBが1日単位での容量となります。

500kbpsコース

7GB/月で1,800円(1,944円)になります。使える容量が多いですが、速度の制限が結構あります。実際に使った映像はこちら。

 

 OCNのプランの特徴は最安で契約すると1日単位での容量制限があるということです。

その他初回申し込み時に3,000円の初期費用が必要です。

 データSIMの種類

データ通信だけのSIMパッケージのほかにSMS対応のSIM、050plusに同時申し込みできるSIMの3種類があります。

SMS対応のSIMは別途130円/月、050plusのSIMには利用料として別途162円/月がかかります

 

音声対応SIMの場合

上記のデータ通信SIMの料金にプラス700円になります。

例えば、一番安いコースにすると70MB/日のコース900円プラス音声通話700円となり1,600円と消費税になります。税込1,728円になります。

無料通話などのサービスはありません。ですので上記金額に通話料が加算されます。

通話料金は携帯電話・固定電話ともに20円/30秒となります。

音声対応SIMを選択すると050plusが基本使用料無料で使えるので、050plusを使用すれば通話料は固定電話へ8円/3分・携帯電話へは16円/1分で通話ができるのでうまく運用すれば無料通話がなくても通話料を抑えることができます。

 またSMSが使えますし、緊急通報が使えるので万一の時に安心です。(050plusでは使えません)

またMNPを利用してこれまでの携帯電話の番号そのままで利用することもできます。

注意したいことは@docomo.ne.jpなどのキャリアメールは使えません。

申し込みをするときに必要なもの

申し込みの際に必要なものは本人名義のクレジットカード本人確認の書類データ(運転免許証・日本国パスポート・健康保険証など)が必要になります。

 また、音声対応SIMでMNPを利用する場合はMNP予約番号が必要になります。

 

端末とセットで購入する場合

OCNではZTE Blade Vec 4GとLG G2miniがSIMカードとセットで販売されています。また、台数限定でZenFone5も選べます。(2015年2月5日現在)

3G端末も販売されていますが、LTEを使うのであればあまりメリットがないと私は感じていますのでここでは紹介しません。

ZTE Blade Vec 4G

上記端末と音声SIMセットで22,500円(税込)
上記端末とデータSIM(050Plusつき)セットで22,500円(税込)

で販売されています。

ZTE Blade Vec 4Gの性能は

OS android4.4
 ディスプレイ 5.0インチIPS 
 解像度 1280×720ピクセル 
 バッテリー 2300mAh 
 内蔵メモリ ROM・16GB RAM・1GB 
 重さ 132g 
 サイズ 142.3 ×7.8×70.4mm 
 外部メモリ 非対応 
カメラ 背面800万画素 前面100万画素

端末の価格は安いと思いますが、内臓メモリRAMの容量が1GBは少ない印象を受けます。アプリを同時起動すると重くなってきそうです。

また外部メモリに非対応なので、容量の追加ができないのはデメリットです。

LG G2mini

 データ専用SIMとセットで、通信料が70MB/日の最安プランで24か月間、月々2780円で使用できるプランです。(プランを変えると基本使用料は上がります。)

データ専用SIM(70MB/1日)900円+端末代1,380円+マイポケットプラス500円を合わせた金額が2780円(税込3,002円)になります

24か月以降は1,512円で使用することができます。

初期費用3,000円で使用できるようになります。

マイポケットプラスとは

  • 128GBのパーソナルクラウドサービス。(クラウド上に写真や音楽などのデータを保存できます)
  • 初期設定をサポートしてくれます
  • スマホ・タブレットの操作方法を教えてもらったり、おすすめのアプリを教えてもらったり、なんでも困ったことを相談することができます。

 

このセットは初心者の方むけのプランになっています。マイポケットプラスは初心者でなければ必要なサービスではないので、私個人的にはおすすめのプランではありません。

LG G2minの性能は

OS android4.4
 ディスプレイ 4.7インチqHD IPS
 バッテリー 2370mAh 
 内蔵メモリ ROM・8GB RAM・1GB
 重さ 121g 
 サイズ 129.6 x 66.0 x 9.8 mm
 外部メモリ microSD (最大32GB)
カメラ 背面800万画素 前面130万画素

これは内蔵メモリのROM・RAMともに少ない印象を受けます。特にROMが8GBは絶対足りなくなるので、microSDカードは必ず必要になるでしょう。 

ここで販売されているスマホもいいですが、自分好みの端末を用意したほうが満足度は高いと思います。

またDMMモバイルなどのほうが端末は充実しています。

まとめ

スマホ端末を持っている人か白ロムもしくはSIMロックフリー端末を用意できる人に向いているのかもしれません。

SIMロックフリーの端末はiphoneやnexusなど代表的なものがあります。またASUSのZenFoneなどもその候補になるでしょう。

ただし、iphoneもそうですが海外製品はワンセグ・フルセグ、赤外線、おサイフケータイなど日本の端末独自の装備がないので、これらの機能を求める場合は、ドコモの白ロムを購入する方がよいでしょう。私はそうしてます。

OCNモバイルoneの特徴は日単位での容量制限であること、そのほかの事業者は月単位が多いです。

毎日の使用量にムラがあまりないのであれば、OCNモバイルoneはおすすめです。

 月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

 


 

\ SNSでシェアしよう! /

トヨタホームで家を建てるまで・家を建ててからの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トヨタホームで家を建てるまで・家を建ててからの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

2014年にトヨタホームで家を建てました。その経験を踏まえて、家を建てるまでに考えたこととか、家を建てた後にこうした方が良かったって事書いてます!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新しい新興住宅地に住んで5年。住まなかった方がよかったなって思うこと

  • トヨタホームのオーナーズWEBのらいさぽで購入できるのが便利

  • 5年以上前の結婚式の引き出物のカタログでLEDスタンドライトをもらってみた

  • 家の駐車場に芝生なんて絶対に植えないほうがいい。緑化ブロックは使いたくない

関連記事

  • イオンゴールドカードセレクト特典イオンラウンジに行ってみました

  • ユニクロウルトラライトダウンを着て光熱費削減する。

  • 格安スマホを妻が嫌がった…。説得して持ち替え月4000円の節約に

  • イオンカードセレクトを使ってWAONのオートチャージを設定する

  • OCNモバイルoneの使用容量の実際

  • MVNOで通信費(スマホ料金)を節約とOCNモバイルone設定方法。